Aplaudoのブログ

ハンドメイド作家さんの作品を扱っている、茨城県水戸市南町3丁目のAplaudo(アプラウド)です。アプラウドの2階は、ギャラリー誉(よ)りみちです。

🏃

5年前、桜の咲く4月上旬の事でした。
千葉県佐倉市の病院の
ある科の待合所に、
家族の診察の付き添いで
座って待っていると

受付のところで、‘その人‘ が、
看護師さんと立ち話しながら
談笑していたのです。
「え、もしかして小出監督?!」。
そうだ‥そのとおり、
間違いありませんでした。


順番がまわって来て、受付へいくと、
まさに、小出監督と肩と肩が触れる位の
距離になってしまいました。

思い切って、「こんにちは。」と
目を合わせて言ったら、
心臓の音がバクつく。
すると、(なぜか)「ガンバってね~」と
小高い声と笑顔で返して下さった
小出さん。
ものの数秒間のことでしたが、
テレビで見るイメージより小柄な方でした。

それにしてもこんにちはの後に
いきなりガンバってね~とは!。‥どういうことでしょう(笑)
一瞬、私はQちゃんになってしまいました。


病院の外へと出られた、
颯爽とした小出氏のシルエットは、
足元が、キュっとすぼまっている
昔の部活の先生が履くような
ジャージ姿。
有名人との刹那な時間は
パッと心に花を咲かせて、
煙りのように跡形もなく
消えてしまいました。

浦島太郎のようでした


その日を境に、ランニングの大会に
出てみようと決めてみて、
少しずつですが自分のペースで
私は今も楽しく走っています。


あと500日の(東京オリンピックの)タイミングで、
旅立たれてしまった小出義雄さん。


毎日、現役時代の高橋尚子さんに、
世界一になるよ!と、言い続けて、
褒めて褒めて
励まし続けたお話しは有名ですね


偉大な指導者を 喪いました


御冥福をお祈りいたします。

合掌