Aplaudoのブログ

ハンドメイド作家さんの作品を扱っている、茨城県水戸市南町3丁目のAplaudo(アプラウド)です。アプラウドの2階は、ギャラリー誉(よ)りみちです。

鳥の日🏔

久しぶり晴れた、休日ドライブ中。

 

「子ども科学電話相談」から流れる
6歳位のあどけない声で、
鳥インフルエンザに罹ってしまった
にわとりは、みんな殺されてしまい
かわいそう。他に方法はないのですか。」と…。

 

回答者の先生は、こたえる中で、
「大人は、ずるいんだ。もっと安く、
鶏の卵やお肉を買いたいと、

それを求めるでしょう。」

 

そうか…。しんみりしてきたなあ。


処分する人、生産する人、大変ですよね。

 

たとえば私は無力ながら、

放し飼いの卵をできる限り買ってみよう。

そう、感じさせられました。

 

🥚 🥚 🥚 🐥


しばらく走行し、周囲を見回すと、
にわとり山⁉️が、ん…!?

近くにあるもよう。

(鶏足山、けいそくさん、とりあしやま。)

 

これは流れ的に行くやつですな。笑

 

計画してた山プランは、次にとっておき、
今日は、鳥(酉)の日にしました。

 

f:id:Aplaudo:20221205203513j:image


f:id:Aplaudo:20221205203107j:image


f:id:Aplaudo:20221205203131j:image

 

鶏足山は、
茨城県と栃木県の県境の山で、約430M。

 

枯葉はサクサク
時々枝が隠されて、滑らないように。
慎重に。

 

鶏足山の山頂につくと、
視界が開けて、心がスッキリ、
洗われるようでした。
山の名前の言われは、
弘法大師がこの山を登り、鶏の鶏冠(とさか)に似た岩を見つけたことから
そう呼ばれるようになったのだとか。

 

f:id:Aplaudo:20221205203212j:image
f:id:Aplaudo:20221205203202j:image
f:id:Aplaudo:20221205203301j:image

 

隣りの焼森山にも寄って

2時間程で下山のコースでした。

 

山旅のプロパーであるSさんに
以上報告してみると、

この山には、地元の保全グループが、
ミツマタ」を植え、妖精の森として
親しまれているそう。


写真をいただいたら、ほんとうだ。🧚‍♀️

 

f:id:Aplaudo:20221205203611j:image


綺麗で可愛い‼︎

Sさんお写真ありがとうございます

 

f:id:Aplaudo:20221205203648j:image

 

 

茂木(もてぎ)地域、

城里地域かも?の、地元愛は

丁寧な登山道の整備具合に現れており、
山が益々好きになります。


春のミツマタ妖精の森へいぐべし。

 

楽しみをまた、増やしています。